エンデューロレーサー 4スト350ccとは 

いつもありがとうございます。





当ブログでも度々登場する4スト350ccのEC350Fですが、250ccに比べてメリットも多い反面購入するまでに悩みになるポイントが多いのも事実です。

今回の記事ではご検討くださっている方の気になりそうなポイントをQ&A式にして、解説してみたいと思います。


Q.250ccでも十分ではないか?

A.公道走行のみの場合は4スト250ccでも十分すぎるくらいパワフルですので350ccが必要かといわれると必要でないこともあるのですが、車重がほぼ変わらないのであれば想像通りよりパワフルに、かつ余裕をもって走れるのが4スト350ccです♪

そのため、当店ではモタードカスタムをして公道で走られる方もいらっしゃいます。


次に林道やオフロードコースを想定した回答ですが、これは250ccよりも断然350ccに軍配が上がります。

4スト250ccのいいところは、これからオフロードを始めたいビギナーの方が乗ってもびっくりするようなパワーではなく低回転域から高回転域までマイルドで扱いやすいエンジン特性であることが最大のメリットです。

しかし、ある程度オフロード走行に慣れてくるともう少しパワーが欲しいとなってくることもあります。その時に4スト350ccに乗り換えると今までの操作感をそのままに一回りパワーアップするので全域での扱いやすさをそのままに欲しい分だけパワーを絞り出せるのでステップアップマシンとしてとても優秀です!シフトチェンジ回数を減らせれるトルクフルなエンジン特性も魅力です!


Q.車検代がもったいないのではないか?

A.これは人それぞれお考え方で変わるのですが、もったいないということはないです。車検とは新車からなら3年目に1回、以降2年ごとに1回、法で定める点検を受けないと公道を走ることはできません。

そのため、車検を通す=行動を安全に走行できるという認識をお持ちいただければOKです。そのため定期的にバイクの車両をチェックするので事故やオーバーホール作業が重なったりしない限りは突発的に大きな修理になる可能性は低いです。


反対に250ccは車検がございませんので、メンテナンスをしないといけないという法的な縛りがない分、意識してメンテナンスをしておかないと突発的に大きな修理になる可能性があります。(もちろん、250ccできっちりメンテナンスしている人がほとんどです)


ですのでもったいないというより、必要な整備代金と考えるといいかと思います。


また、当店ユーザー様の場合は車検の前に「乗り換える」という選択をされるお客様も多く、我々もその代替えを「推奨」するケースも多いです!


理由の一つとして、レーサーのエンジンの耐久性はあくまで「時間管理」です。一般のオンロードバイクに比べると当然オーバーホールの周期も短いです。エンジンだけでなくサスペンションなども重なってくると十数万円から数十万円になることもございます。


昨今のオフロード人気の影響もあり、以前に比べるとお下取りさせていただける価格が高騰しているのでオーバーホール金額に少し追い金して乗り換えられるケースが増えています。



また、昨今の厳しい環境規制の影響もあり、4スト350ccはユーロ6規制を通せるかが現状不明です。(エンデューロレーサー全般ですが・・・)


そのため、合法的にナンバー付きレーサー車両に乗れるのも今のうちかもしれません!


当店ではオフロードを楽しんでいるスタッフが多く在籍しております。様々なノウハウでお客様を安全で楽しい遊びをご提供できます。


特に、4スト350ccに乗っているスタッフは私含めて複数いますので疑問点などあれば何なりとお申し付けください。


ちなみにEC350Fは残り4台です。ご検討の方はおはやめに


GASGAS京都

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://gasgas-kyoto.com